【白熊の豆知識】マニラ空港からの国内線は4時間前に行け〜

マニラ市内からは4-5時間前に出よう!

先日、マニラ空港から国内線を使ってセブ島まで行った時の出来事を共有します。まず、フライトが朝10:30位でしたが、前日にホテルの人に聞いたら、マニラ周辺の渋滞は物凄いから2、3時間前に(朝7時半)ホテルに出たら間に合わないぞっと言われました。確かに朝7、8時ごろにはホテル周辺の渋滞はものすごく混雑していたので、結局渋滞を避けるために朝5時に起きて、Grabで運ちゃんを呼んで、空港に向かいました。幸い渋滞を避けたので20分で着き、値段も安かったです。着いたのは6時前でした。

 

マニラ空港・国内線でのはちゃめちゃライン

さて、一つ目のセキュリティーチェックを潜り、エアアジアのカウンターを探してたら、めちゃくちゃ長い行列が何本もありました。よく見てみると3つの会社、スカイジェット (SkyJet)、セブ・パシフィック (Cebu Pacific)、エアアジア (AirAsia) のラインがあったので、周りの人に聞きどのラインどの空港?皆な分かってない状態でした。しかも横からコソコソ入ってくる人も居ますけど、フィリピンの人たちは怒りもせずに譲りあってましたね。いい人たちだーと思う反面、オイオイ〜と思い、長くなった行列で待って、待って、待ち続け、子供の相手をしてる親や、喧嘩しているカップルを横耳で聴きながら、人間観察をしてました。この写真でわかるように物凄いです。この時点でもう30分待ち。カウンターは左の奥に見えるとこ......  見えへんわ!

f:id:novotabi:20191211102211p:plain

エアアジアだけでこの行列で待っている人は多分100人ぐらい居ましたが、なんとカウンターで対応している人はたった一人(以下の写真ではカウンター17だけ)あと二つのカウンター(19と20)はファイナルボーディングの人たち、遅れた人でもうすぐボーディングせなあかん人たちを助けてました。

f:id:novotabi:20191211102250p:plain

そりゃ遅れるわ〜、大体、普通用カウンターでなんで一人やねんと思いながら待って、待って待ち続け、1.5時間が立ってやっとカウンターにたどり着きました。1.5時間ですよ、ラインで待ったのが、こんなの初めてです。そりゃみんな遅れるわ〜。最初から普通のラインに2、3人担当者つけたらいいのにと思いました。しかもカウンターに着いた後、2分もいらずにチケットと発行。1.5時間待ち、2分対応。

 

マニラ空港国内線ターミナルで学んだこと 

この経験から学んだこと!マニラから国内線で飛ぶ時、二つ方法があります。一つは俺みたいに4−5時間前に着き、頑張って、ラインに入って、時間に余裕を持ってゲートに行くか、ギリギリラインで1−2時間前に着いて、ラインに入り、間に合わないのを目的にファイナルボーディングのところにカットインしてすぐにチェックイン。

 

どちらにしてもマニラ(NAIA)からの国内線(Domestic)のチェックインは覚悟した方がいいです。フィリピン人でない観光客は特に国内線を乗るためにオンラインでチケットを買っているかもしれません。ただ、国籍によりますが、セキュリティー上、スマホのボーディングパスの発行が禁じられている?と思います。つまり、カウンターには絶対に行かないといけません。もし荷物のチェックインなしでスマホボーディングが出来るのであれば絶対にそちらをお勧めします。この訳わからん行列を避けてください。

 

皆さんもこの記事を参考にマニラから国内線を飛ぶ時、時間に気をつけて余裕を持って空港に着くようにしてください。

安全な旅を〜いらついたあかんで〜

ほなね〜