【バリ観光】バリでタクシーぼったくりに要注意!GRAB・グラブを使え!

バリの道端勧誘、客引き

バリ、クタの街中で歩いていると、よく聞くのが ”ハローミスター、マッサージ?”、”兄貴、何か買う?I give you discount”、”社長、ツアーどうですか”、片言の日本語で話しかけてきます。たまに、どてつもなくおもろいのが、”ボス、覚えてる?チョコボールだよ”(笑)覚えてへんわい!誰やねん?確かに色黒く丸々太ってるので、某男優チョコボールXXに似てるけど。あれは笑えたから、ちょっとだけ話して去ってやった。

f:id:novotabi:20191127104838p:plain

このような道端の勧誘はバリ、クタでは毎日のように行われています。現地の人からしたら欧米、ヨーロッパ、アジア圏からきた人たちは財布の口が開いた鴨にしか見えないそうです。(現地人の正直な発言)

道端で歩いて驚いたのがバイクやタクシーの運ちゃんが走りながらクラクションを鳴らしてきます。もちろん客引きです。正直にメーターを使う人もいますが、メーターの上がり具合が滅茶苦茶な時もあります。緊急モードみたいなのが有るそうで値段が倍に成り、普通だよと言われることもあり。このようなぼったくりを避けるお手軽な手段として最近普及している配車サービスGrabが一番使い勝手がいいです。

 

f:id:novotabi:20191127105309p:plain

タクシーよりGrabを使え〜

私自身2回バリに行ったことがありますが、1回目(2012年)でバリに到着直後、空港ですぐさま “タクシーだよ、ホテルまで連れてってあげる、200K IDR (¥1,500)でいいよ。” これぼったくりです。Grabやウーバーが無かったその頃からめちゃくちゃな手口でお金を奪おうとします。私は少し調査をしたのですぐに解ったのが幸いですが、デンパサーの空港からクタの街中までは 50K ~ 100K IDRです。日本円で言うと¥350 ~ ¥700。途中で止めてもっと金欲しい、払わないならここで降りろとか破茶滅茶ドライバーもいます。タクシーの運ちゃんはメーターなんかもつけないし、とりあえず値段交渉するだけで難しかった時代です。まず値段を知らないと乗っちゃうので基本日本の1/3か1/4見積もってください。

 

f:id:novotabi:20191204110922p:plain

今や、ネットが普及していて、観光客に大しての大体の値段が露わに成り常識が有ればボッタクられる人は少ないです。2019年現在、バリではウーバーでは無くアジア圏で有名なGrabが配車サービスとして発達していて、現在地と目的地を記入するとすぐさま値段がわかるように成っていてボッタクられる心配はほとんどありません。実際2回目(2019年)デンパサー空港に到着した時すぐにGrabを開けてホテルまで記入すると75K IDR (¥550)と解り、テスト半分通りすがりのタク運ちゃんに聞くと100K, 150K, 200Kと来て、あかんと思い、すぐさまGrabで移動。めちゃくちゃ簡単でした。新しく成ったデンパサー空港内には色々な配車サービスが有り、値段もそこそこします。シェアミニバンと言うものも有り、他人とバンを共有することもでき、これでもクタセンターまで90K~120Kします。ちなみにGrabバイクを使用すると7K~10Kと安いです。

以下二つのサンプル。

左:デンパサー空港からクタ街のホテルまで、片道約75K IDR (日本円換算:約550円)

右:クタ中心からタナロット寺まで、片道約145K IDR (日本円換算:約1200円)

f:id:novotabi:20191127102423p:plain    f:id:novotabi:20191127102426p:plain

 

誰でもボッタクられるのが嫌いと思います、格安のGrabバイクはちょっと〜と思うので有ればGrabタクシーを使用するのが一番簡単です。

ぜひこの記事を参考に海外でボッタクリには気をつけましょう〜

ほなね〜