【妻も絶賛】簡単に作れた!タイのクリームスープ「トム・カー」を作ってみた【材料&手順を解説】

ちわ〜、白熊です。#おうち時間

今日は家で料理の棚をあさってたら、タイで買ったけど使ってなかったトム・カー・スープのもとが出てきたんで、試しで作ってみました。

結果はサイコーです。タイ料理が大好きな妻も大絶賛でした。

 

トム・カーってなんやねん?

f:id:bdenigma:20200622055408j:plain

タイといえば酸っぱいスープのトムヤム・クン(クンはえび)ですが、それのクリーミーバージョンといてばトムカー・ガイガイは鶏肉です。

スープの違いでいえばトムカーの方にはココナッツミルクがたっぷりでクリーミーに対してトムヤムはココナッツミルクは入ってないかな?

タイ人じゃないんで適当ですけど。

↓↓↓ このペーストは美味しいトムカーを作れるもとです! ↓↓↓ 

 

  

トム・カーの材料

 // 今回使った材料 // 

(x1) Lobo Tom Ka Paste / ロボ トム・カー・ペースト(上写真)

(400g) ChaoKoh Coconut Cream // チャオコー・ココナッツ・クリーム

(200g) RiceNoodle // ライスヌードル(太さは中以上)

(5-7片)木耳・キクラゲ

(50-100g) 豚肉

(100g) キャベツ

(少々)人参、玉ねぎ

(大匙2杯)フィッシュソース・ナンプラー

仕上げに(少々)バジル 

 

// 材料の代用もお好きにどうぞ // 

(400g) ChaoKoh Coconut Milk // チャオコー・ココナッツ・ミルク

(5-7片)マッシュルーム・椎茸 

(50-100g) 豚肉・鶏肉

(x1) 鷹の爪

(100g) もやし・竹の子・ベビーコーン・ピーマン

仕上げに(二切れ)ライム

→ ライスヌードルの変わりにご飯と食べてもあうと思います。 ←

 

トム・カー(二人分)の適当な作り方

  1. 200g~250g 程度のライスヌードル、太さは中以上お勧めします。麺をお湯に5分つけて、あとはさっと3−5分程度お湯を沸騰させてゆがき、お好みの硬さで上げてボールに入れておく。フォー用よりはちょっと幅が広い方が良いので中をお勧め。今回はアメリカのアジア店で簡単に購入できるThree Ladies Brandのライスヌードル(M)を使いました。以下(M)と(L)です。太さが違うやつ。(S)がフォーの太さ。f:id:bdenigma:20200622055507j:plain
  2. ココナッツ・クリームとトム・カーペーストを入れてちょっと沸騰するまで待つ。ちょっとさっぱりした方が良いひとはココナッツ・ミルクにしてください。お好みで半々にしても大丈夫。クリームを入れて足りない分ミルクを入れてもオーケー、ミルクだけはダメ!  f:id:bdenigma:20200622060234j:plainf:id:bdenigma:20200622055408j:plain
  3. 豚肉か鶏肉、肉類をいれて煮詰める
  4. 野菜、キクラゲ・マッシュルーム系をいれる
  5. 辛い人が好きな人は鷹の爪を中の種を出してそのまま入れる
  6. フィッシュソース・ナンプラーを大匙2杯入れて味見、調整
  7. 好みで砂糖もいれる
  8. コリエンダーを潰して少々入れる
  9. あとは適度に煮て、先ほど湯がいたライスヌードルにかけるだけ
  10. 最後にバジルをちぎって上にかける
  11. お好みでライムを一切れ分直接絞る

 

トム・カー出来上がり!

f:id:bdenigma:20200622055358j:plain

濃厚なホワイトクリームスープに仕上がりました。

 

妻からヒトコト:

「本当に濃厚で、レストランで出てきてもいいぐらいの出来あがりでした。下手なタイ料理レストランより美味しかった。また食べたい。リピ決定!」

 

自分の一言:

ヤバイ、美味すぎ。このスープのもと、アマゾンで結構安い!

たっぷりオーダーしちゃいました。

 

↓↓↓↓↓

 

材料はこちらから購入可能です!

 

 

 

 

 

 

本当に簡単で美味いで、一度試してみてください! 

ほなね〜