【フィリピン観光】セブ島・カワサン滝の格安遊び方

前記事でどのように格安バスでセブ市街からカワサン滝の入り口まで移動するかを紹介しました。この記事では主にカワサン滝の楽しみ方を紹介をします。

セブ島・カワサン滝へのベストな訪問時刻

まず、平日、週末にかかわらず、カワサン滝では朝10時〜夕方17時まで結構混んでます。私の個人的意見ですが、人混みを避けたいのであれば朝早く行くのが一番いいと思います。

私は前日の午後14:30位にカワサン滝の入り口でバスを降りて宿泊先へ移動したと全記事でお伝えしました。理由は午後に着いて滝へ直行するよりは移動の疲労をホテルで休ませてから、朝一で人が少ない時に滝へ行きたかったからですホテルへチェックインして、夕食を食べ、田舎なのでもちろん何もすることがないので、ブログをドラフトして、早めに寝ました。翌朝6時位に目を覚ましたので丁度よく、朝ごはんも抜きで(ホテルの人まだ用意できてなかったし)カワサン滝へ直行しました。

 

セブ島・カワサン滝への行き方・アクセス方法

入り口・入場料

最初に教会の右側にこのような看板が見えます。ここから約1.5KMのハイキングをするとメインのカワサン滝。

f:id:novotabi:20191222174810p:plain

すごく優しいハイキングです。ここからは結構湿地帯ですが、あまり滑らないので、基本滝に着くまではスニーカーでも大丈夫です。泥が多いのでこのようなウェットシューズがお勧めです。

看板から歩いてちょっとして着くのがあまり目立たない入り口です。

f:id:novotabi:20191222174420p:plain  f:id:novotabi:20200217031513j:plain

この入り口で入場料45ペソ(約100円)を払います。何処から来たのかとか聞かれますが、政府の調査だけだと思います。 

入り口から川沿を歩いて行きますが、この時点でもう鮮明な川の色がわかります。

f:id:novotabi:20191222174114j:plain

f:id:novotabi:20191222175922j:plain

その後、また道を沿ってトコトコ歩いくと大きな看板を過ぎます。ここで色んな小さい売店があります。ミニコンビニ、食べ物など。 

f:id:novotabi:20191222180113p:plain

携帯や小物が濡れないための防水ポーチや携帯用防水ポーチが必要な場合はここでも購入できます。携帯で写真を撮るのであればお勧めします。事前に持っていくのも有りです。こちらのアマゾンで購入可能です。これを過ぎて階段、坂道をちょっと上がると一つ目のメインの滝に出てきます。

  

第一カワサン滝 (メインの滝)

ここがメインの滝ですね。食堂もあればガイドもあり。もしキャニオリングと言われる、ハイキングしながら、5つから7つの滝のジャンプができるアクティビティーに参加したいのであればホテルからのツアーや入り口の近くのガイドさんを雇うよりも、この中のガイドを雇えば安いと思います。聞くと値段は1500ペソから2000ペソ(日本円3〜4千位程度)。 一定の値段が無いのでその時期の相場を知っておくのが最適です。

ここでアドバイスですが、上の二つの滝で泳ぐ予定、荷物を預けたい場合は、ここでロッカーを借りてください。ロッカーは大小二つありますが、同じ値段、200ペソで借りれます。近くの人に聞けばすぐに鍵をくれます。

f:id:novotabi:20191229180108j:plain f:id:novotabi:20191229180113j:plain
ここでついでにライフジャケットを借りてください。値段もお手頃、50ペソです。合計250ペソ(約500円)。これで一番上の三番目の滝に直行して上から下に滝を楽しんで最後に一番大きい滝のそばで昼食を食べるのをお勧めします。ライフジャケットの前にはポケットが着いているのでロッカーの鍵を入れるには最適です。

f:id:novotabi:20191229180327j:plain

テーブルも借りることが出来ます。値段は250ペソから500ペソ、テーブルの場所によりきりです。ここに荷物を置くのもありですが、ちゃんと見守りましょう。上の二つの滝に行く予定であればここでテーブル借りない方が良いです。 

f:id:novotabi:20191229180456j:plain

この一つ目の滝と三つ目の滝はとにかく人が多いです。とくに週末に行くと観光客以外、フィリピンの家族連れや、カップル、友達、沢山来ます。ピークは朝の10時〜16時ですね。私は近くのホテルに泊まったので朝6時半にトコトコ歩いて行来ました。私ともう一人の西欧人だけで、メインのカワサン滝をほぼ独り占めできました。

以下一つ目のメインのカワサン滝の写真。水色は自然の色です。めっさ綺麗。

f:id:novotabi:20191229182841j:plain

f:id:novotabi:20191229182835j:plain

f:id:novotabi:20191229182845j:plain

ここからちょっとハイクしたところに第二の滝があります。大きな滝ではありませんが、高度があまりないので、ここからキャニオリングのツアー無しでもゴープロを持ってジャンプをしている人が多々います。小さな魚がここに居て、端っこで泳いでいたら、おらの手や足の何かをもぐもぐ食べてました。(病気にならんかな?)
 

第二カワサン滝 (ジャンプ用の滝)

第二の滝、下からの眺め

f:id:novotabi:20191231154859j:plain

第二の滝、上からの眺め(写真)

ジャンプした後の二人、最後の友達がジャンプするのを待ってる。

f:id:novotabi:20191231154925j:plain

f:id:novotabi:20191231154949j:plain

 

第三カワサン滝 (家族でゆっくり)

ここからちょっとハイクしたところに第三の滝がありますが、小さな滝が有り、大きなプールがあります。広々として、浅い所もあるので、小さいお子様連れの家族には最適です。もちろん奥に行けば深いところもあるので、大人たちも楽しむことが出来ます。ここにもテーブルがあるので、バーベキューなどしている人もいました。

f:id:novotabi:20191231155505j:plain

f:id:novotabi:20191231155027j:plain

 第一から第三までのハイキング中の写真

この第一から第三の滝に上がる途中に色々綺麗なミニ滝も有ります。

f:id:novotabi:20191231155626j:plain

f:id:novotabi:20191231155621j:plain

f:id:novotabi:20191231161912j:plain

f:id:novotabi:20191231161918j:plain

 カワサン滝の感想

セブ島に来たら絶対にカワサン滝は試してください。これは間違いなくヒットです。移動はプライベートタクシーで3000ペソから6000ペソで行けますが、格安で行くのであればバスでの移動をお勧めします。どちみち時間がかかるのであればフィリピンの人たちと交流しながらの移動が楽しいと思います。そこ方法に着いては前の記事をご覧ください。

ほなね〜