【カリフォルニア・ハイキング】管理人のいないプルート・ケーブで二人っきり

google.com, pub-4816500848966700, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ちわっ〜す、シロ熊です。

今日は東海岸、カリフォルニア北部、オレゴンとの州境に近い所、シャスタでちょっと有名なバーニー滝シャスタ山に行った時、近くに簡単に行ける洞窟があるとネット調査でわかったので、その洞窟、プルート・ケーブを紹介をしたいと思います!

ちなみにシャスタ山はパワースポットで有名やって〜

プルート・ケイブってどこ?

プルート・ケイブはシリコンバレーからは約300マイル強、シャスタ山から約40マイル、オレゴン州とカリフォルニア州の州境まではたった約50マイルの所に位置しています。大半ですが、以下の観光地、主に有名なマクアーサー・バーニー滝(*)とシャスタ山(**)を行くついでにこのプルート・ケーブも行く感じですね。私達は一回目は気づかずでしたが、二回目の時に探検したいと思い、見つけて行ってみました。もっかい行きたいね〜

以下ここら辺のシャスタ近くの観光名所:

  • Pluto's Cave
  • Potem Creek Falls
  • *McArthur Burney Falls
  • McCloud Falls Upper Falls
  • **Bunny Flat Trail Head (Mt. Shasta)
  • Shasta Dam
  • Lake Shasta Cavern National Natural Landmark

次また洞窟とついでに行ってみたいところは以下です:

  • Lava Beds National Monuments
  • Tule Lake Relocation Center (*)

*ツールレイクは第二次世界大戦中、1942年から1946年までの間、アメリカでの日本人強制収容所の一つです。アメリカには10以上有り、カリフォルニアには二つ有りました。ここツールレイクとマンザナーです。絶対に行って歴史を学びたいです。

f:id:bdenigma:20200930025815p:plain

プルート・ケイブの住所・地図・方向

住所:  Montague, CA 96064 

    ↑↑↑↑!!??何これ!? 住所ちゃうやん〜

はっきりした住所がないので、以下大体の方向です。そんなに難しくは無いですが、夕方、夜行くのはやめましょう、何が出てくるかわかんないし、獣情報も無しやし。

方向はシャスタ山からだと...

  • RT5を北に走る
  • Weedって言う街あたりから、RT97を北北東に12マイル進む
  • 99-97 Cutoff・A12というルートを北北西に進んで3.2マイル位
  • 99-97 Cutoff・A12 (約3.2マイル)から43N30の道を左に曲がる

f:id:bdenigma:20200930034549p:plain

f:id:bdenigma:20200930034454p:plain99-97 Cutoff ・A1243N30交差点は要注意です。本当に注意しないと通り過ぎちゃいます。サインは確か、電柱にちょこんとPluto's Cave と書かれてたような気がしますが、以下Googleマップの様子です。そうです。ここ左です。どこに行くんやろ〜ってな道です。

 

プルート・ケイブの駐車と費用

43N30をちょっと進むとサインが出てきます。ここがアンオフィシャルな駐車場です。入場料・駐車料は無料です。ただ、日陰が無いので、直射日光に当たります。

f:id:bdenigma:20200930080304j:plain

私達夫婦以外に一人ヒッピーなおっちゃんがいました。写真左のバンで何かしてたけど、探検終わった直後みたいやったね、面白かったって言ってました。やけに砂ホコリに覆われてたんで、そんなに大変かと思ったけど、結果全然大丈夫でした。

 

プルート・ケイブの注意点

駐車場に注意点が書かれています。ルートに沿って歩け、ゴミ捨てるな、岩登るな、キャンプするな、自然のもの持って帰るな、など基本的なことです。

時間によって洞窟へ射す日差しが綺麗ですが、季節によって変わるので、日が当たる朝から行った方がいいと思います。

写真に見えるのがトレールヘッドです。

f:id:bdenigma:20200930035557j:plain

プルート・ケイブへ持ってく物

簡単な短距離ハイクですが、洞窟に入るので、以下推薦します。基本駐車場からの距離は短いので、バックパックなど持っていく必要は無いです。長くても2時間ぐらいなので、昼ごはんやスナックもいらないです。

必需品

  • ヘッドランプ
  • マスク、バンダナ(砂ホコリが立ちます)
  • コンパス、スマホ

オプショナル

  • 作業用軍手(汚くなってもいい)
  • 登山ブーツ(グリップのいいやつ)
  • 長袖・ハイクパンツ

子供連れの方

岩だらけなので注意が必要です。上記意外に以下お勧めします。

  • ヘルメット(お子様がいたら、頭は被せた方がいい)
  • ニーパッド(お子様がいたら、膝も被せた方がいい)

ちょっと歩いたら本当に方向性わからなくなりますので、コンパスかスマホを持って行ってもいいかも、どっちの方向に駐車したか記録しておくこと。

行きはシャスタ山が左の先に見えるので、シャスタ山を使って位置を覚えるのも良いです。

f:id:bdenigma:20201012035815j:plain

方向音痴な私は妻がコンパスです(笑)

プルート・ケイブの距離とルート

駐車場の先にトレールヘッドがあり、そこに看板があります、その看板には地図が書いてあります。43N30ってほんまに道の名前なん〜って感じ?

f:id:bdenigma:20200930035615j:plain

大体の距離ですが、駐車場から南東に0.5KM、徒歩10分から15分程度です。

f:id:bdenigma:20200930070130p:plain

入り口がわかりにくいですが、いきなり、以下のように陥没している箇所が出てきますので、ここらへんが入り口です、左と右に洞窟がありますが、降りて右の方がメインだったと思います。洞窟の全長は0.80 to 1.61 km程度ですが、行けるところが限られているようです。もっと短く感じます。ある説によるとオレゴンまで続いているっていう話も有りますが、どうでしょうか?

f:id:bdenigma:20200930060335j:plain

プルート・ケイブの風景・写真

メインの洞窟に入る前の写真はこんな感じで、日が当たってます。 f:id:bdenigma:20200930060409j:plain

↓その裏側が入り口です。「あっちいくよ〜っ」って指差す俺。本当に真っ暗なのでブラックダイアモンドのヘッドランプの登場です。ここは足元に注意です。あと高いところから岩をよじ登ったり、降ったりしますので、軍手は役にたちます、砂ぼこりもたつので、マスクかバンダナはしておきましょう。

f:id:bdenigma:20200930060807j:plain

どんどん奥に入る、足元の岩に注意。

f:id:bdenigma:20200930061122j:plain

 ↓振り返ると妻がポツンと立って、手を腰に当てて「本当にいくの?」って聞いてきた。「ここまで来て行かんわけにはいかん!いくぞ〜ついてこい〜」

f:id:bdenigma:20200930061313j:plain

ちょっとだけ暗いところを過ぎて曲がるとすぐに日が差している所に出てきます。天板が崩れ落ちたようだ。ここが一つ目の見所。

f:id:bdenigma:20200930062657j:plain

逆の方向から見るとこんな感じ

f:id:bdenigma:20200930062842j:plain

ちょっと時間が立つと日の向きが変わる。

f:id:bdenigma:20200930075931j:plain
洞窟ありありポーズ、「上みるだけ〜」

f:id:bdenigma:20200930063954j:plain

この洞窟の向かい側、最初のとこ降りて左側にもミニ洞窟が有りました。ここは明るいので妻がリード!

f:id:bdenigma:20200930063459j:plain

その奥にはこんな綺麗な場所も有り、ここが二つ目の見所。

f:id:bdenigma:20200930063527j:plain

もちろんポーズをとって写真〜
f:id:bdenigma:20200930064232j:plain

嫁もポーズ!

f:id:bdenigma:20200930064312j:plain

こんな感じで1、2時間ちょっと過ごして、また地上に戻ってブラブラして帰りました。この洞窟にいた時、本当に二人きりだった ❤️  ですけど... 帰り際に若僧が大きな声で入ってきて、ちょっといらっとした... 

時間によっては人が多く、ホコリも立つし、うるさいし。早めにくるのがいいと思いますが、洞窟内では日の差し具合で洞窟のキレさが変わりますからね〜

短距離で全然疲れないのがいいです。

また他の洞窟行ってきま〜す。

プルート・ケイブで使えるグッズ

ホコリっぽいのでマスクは絶対に役に立ちます。それ以外はヘッドランプ軍手安い手袋でいいです。使い捨て、作業用などでも。あった方が探検ぽくっていいです。

プルート・ケイブの探検が好きなら

ハイキング、洞窟、海岸沿い散歩が好きならこちらもどうぞ〜

ほなね〜